Love&Free World

wmfw.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 28日

D'arte (ダルテ)

d0086888_842142.jpg

d0086888_8434332.jpg

d0086888_8441414.jpg

d0086888_8445290.jpg

どこにあるのだろうと探しながら車を走らせるとそれらしい建物が見えてきた。
まず目に飛び込んできたのが味のあるハイラックス。サーフではなくてハイラックスだ。
中のメーターに目をやると25万㌔も走ってる。
さすがトヨタ車。
工房も雰囲気があってオーナーのセンスの良さが感じられる。
早速ショップに入るも誰もいない、まずここで驚いたのは足付きのグラスが充実してる事。
最近では足付きを作るのが手間だとかお金がかかるからという事でやらない工房も増えている。
そんな中、足付きのグラスだらけだった。
気に入ったものがあったのでプライスを確認すると、これが安い
普通ならこの倍以上の価格でもおかしくない値段設定・・・
ただ、同じものが揃っていないというのもここの特徴、同じグラスを二脚揃えようと思っても
見つからないのだ。でもそれが手作りの良さと割り切ってしまえば選ぶのが楽しくなるのは
間違いない。
隣にある工房に移動すると、一人で黙々と作業する職人がいた。
声をかけてみるも、大音量でかかっているラジオの音で声が届かない。
しばらく待っていると「一人でやってるからこの作業終わるまで待ってて」とのこと。
工房の横もショップになっていて、たくさんの足付きガラスがここにもある。
ようやく職人の方とご多面。
職人だと寡黙で頑固そうというのが勝手なイメージだけど、ここの職人の安田さんは
優しい目をした話し好きの職人でした。
もし時間があるなら工房も見ていってと誘われ、奥の工房に案内していただいた。
そこは、ガラスを溶かすための炎の熱で灼熱の空間。
ここも自分で作ったとのこと
せっかくだからという事で、グラスを作る一通りの流れを実演までしてくれた。
通常であれば、二人以上でやる作業をすべて一人でやっているという事で動きが早い!
素晴らしい職人技を見せてもらい、改めてグラスを一つ作るだけにどれだけの手間がかかって
いるのか再認識。ハンドメイドとマシンメイド、込められてる気持ちがまったく違う。
気に入ったグラスも見つけて二つ購入。
毎日の晩酌が楽しくなるのは間違いなしです。

場所→美瑛町旭大地
[PR]

by wmfw | 2013-06-28 09:15 | 道具


<< SLACK LINE      higashikawa >>