「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 30日

いざ利尻山

携帯の目覚しで目が覚めて、テントの外に出ると空がうっすらピンク色に染まってた。
登山客の何人かはもう山頂に向けて出発してるようだ。
僕達もさっさと身支度を整えて、利尻山山頂を目指す。

野営場は3合目にあるので、若干スタートに余裕があるとはいっても、
往復で10時間以上の道のり・・・
d0086888_2381344.jpg


まずは、野営場から登ってすぐの甘露水でウォーターチャージ
d0086888_2312213.jpg

安心して美味しい水が飲めるってのは素晴らしいこと
とっても冷たくて、優しい味のする水
さすが、リシリアという名前でも販売してるほどだよね。

テクテクと先を進む
d0086888_2315918.jpg

標高を上げていくとさすが、島だけあって海が見えてくる。
景色が良いっての山歩きには重要な要素だと僕は思う

次にどんな景色が見えるのか、それが楽しみで歩けるから

d0086888_23164579.jpg

そうそう、ここ利尻山には携帯トイレのブースが設けられていて、
この中で、用を足すことが出来る。

中には、便器があってそこに携帯トイレを装着して
使用したものは責任を持って持ち帰る仕組み。
すごく清潔に管理されていて、何の問題も無い
このシステムすごく良いと思う。

感心しながらも先に進む
遠くでは、雷がごろごろと音を立てていて、海の向こうの礼文島はすっかり雨雲の中に隠れてしまった。
音が遠いからと安心していたら、どんどん雷様が近づいてきて、ゴロつきはじめた

すると突然の大雨。
慌ててカッパを着こんで、ザックに雨カバーを付けようとするも
パッキングが悪かったせいで、もたついてベチャベチャになった・・・

雷もなってるし、ここで動くのは危険と判断し、しばし木の中で停滞。
すると先に登っていたパーティーの何組かは下山してきた。
「雷怖いし、下山します」との事
勇気ある決断。

これ以上無理かな、なんて思ってたら「まあ珈琲でも飲もうよ」とYOSHIが提案。
豪雨の登山道で、ストーブでお湯を沸かしてYUKKOちゃんがフレンチプレスで
美味しい珈琲を淹れてくれた。

雨で濡れた体にホッとする味
珈琲を飲んで少し冷静になって、行ける所までとりあえず行こうよ!
と珈琲パワーで皆のモチベーションもアップ。

さっきまではもう駄目かと思ったのに、気持ちがサクッと切り替わった。
そうするとだんだん天気も回復傾向に
d0086888_23321110.jpg

どんどん登って既に半分が過ぎた。
あと130分

これはもう行くしかない
天気は、雨が降ったり止んだりの不安定な状態。
でも、雷様はどこか遠くに行ってしまったらしく、安心して先に進める
d0086888_23353011.jpg

全身黄緑のYKR。
この色合いなら、目立つから安心だ

d0086888_2337589.jpg

目に見えてきたのは、8合目の長官山のピーク。
あの向こう側に利尻山のピークが見えるはず

気合を入れなおして8合目を目指す。

d0086888_23505919.jpg

ようやく8合目に到着。
文章だと短いけど実際はかなりの距離を歩いてる。
d0086888_2346210.jpg

天気も落ち着いてきたので、レインジャケットを脱いで山頂を目指す。
d0086888_2346588.jpg

そして、振り返るとこの景色
素晴らしい

山頂だったら、360度でこの景色が見えるのかなと思うと足取りが軽くなる。

d0086888_23533389.jpg

いよいよ本当の山頂が見えてきた。
足元も、赤い土になり雰囲気ががらりと変わった。

d0086888_2355422.jpg

百名山となったことで、多くの登山客が訪れ、この通り登山道はかなり侵食されている
非常に残念。
自分もその一人だけど、これ以上進むと数年後には、ピークにいけなくなるかも
と心配になる。

d0086888_23564766.jpg

ここまで来たらピークはすぐ目の前
登るのが勿体無くて、途中の景色をまずはゆっくりと楽しむ。
d0086888_23581696.jpg


さあ、いよいよピークへ
d0086888_2359490.jpg

長かった道のりももう終わり
ここまで約7時間

そして、ついに利尻山山頂到着。
d0086888_00897.jpg

みんな、頑張りました!

さあ景色を堪能と言いたいけど、残念ながらガスってきてしまい
綺麗な景色とはいかなかった
d0086888_071837.jpg

なので、この先の風景を想像しながら時を過ごす。

とはいっても、近くの景色は見ることが出来る
d0086888_08937.jpg

なかなか見られない景色に感動

今、利尻山の頂に立っていると考えると嬉しくなる。

昼ご飯を食べながら時間をつぶすも。残念ながら最後まで
ピークの天気は回復しなかった。

もうタイムリミット

気合を入れなおして、来た道を戻る
高度を下げるにつれて、天気が回復してきた。
d0086888_0104354.jpg

やっぱりガスッてたのはピークだけ

残念だけどこれが山だよね
ピークに立ってた数分。仲間と一緒にそこに居れた事だけでも価値がある。

そして、天気がどんどん良くなってきてこの景色
利尻のパワーをもらうよ
d0086888_012635.jpg


非難小屋でしばし休憩タイム。
泊まって行きたいけど先を急ぐ
d0086888_013166.jpg


小屋を後にして振り返るとそこには利尻山が笑ってた。
d0086888_0142439.jpg

この時間に山頂に居たかったと思いつつも、姿を現してくれた利尻に感謝

なんども立ち止まりながら、振り返ってはシャッターを押した

d0086888_0162355.jpg

滑りたくなるカッコいい斜面
今度は、冬に来たいねといいながら、下界を目指す。

だんだんと海が近づいてきた。
d0086888_0164158.jpg

利尻の山旅ももうすぐ終わる

と感傷に浸っている場合ではない。
日が落ちるまでには下山しないと

と急ぎ足。
結局下りは、4時間30分に3合目の野営場に無事到着。
お疲れ様でした。

ここで、ゆっくりしたいところだけども
今日の宿泊地は、この下にあるキャンプ場。
なぜなら、今夜は利尻の町に飲みに行くのです。

大急ぎでテントを撤収していると、外は夕焼けで真っ赤に染まっていった。
残念ながら、写真を撮っていないのが悔やまれる・・・

フラフラの足取りで2kmの道のりを重いザックを背負って
何とか「ゆーにキャンプ場」に到着。
ここのキャンプ場は素晴らしく、なんと昨夜入った温泉が併設されている。

さっさとさっき畳んだばっかりのテントを引っ張り出して基地を設営した後は
一日の汗を温泉で流す。

そしてさっぱりした後は、いよいよ利尻ナイトのスタート
目指すお店は、昨日既にチェック済み。
レンタバイクのお兄さんオススメの居酒屋
d0086888_044427.jpg

d0086888_0445817.jpg

ビールでカンパイして利尻の海の幸を堪能
いやー美味しかった!

あれやこれやで盛り上がるも疲れてたもんで早々に解散。
夜の利尻町を歩いて基地に戻って2日目終了となりました。
d0086888_047374.jpg


続く
[PR]

by wmfw | 2011-08-30 23:08 |
2011年 08月 28日

最北端の島旅

ちょっと遅めの夏休みをもらって利尻島に行ってきた。
今回のテーマは、「利尻山に登りつつ島でマッタリー」の3日間

仕事をやっつけて、これから起こるであろうワクワクとドキドキに向けて
夜の高速を吹っ飛ばす。

フェリーの時間は明朝6時30分。
まだまだ時間はたっぷりある

とは言っても、ついついアクセルを踏む足に力が入る。
メガシャキを飲んで眠気をぶっ飛ばして、稚内まで一気にGO 。

フェリー乗り場に着いたのは真夜中。
数台止まってるも、1時間遅れでニセコを出発した友人の車はまだなかった。

缶ビールで眠気を誘って、翌朝を迎える。
無事到着した、yoshi&yukkoちゃんと合流。
二人とも眠そうだけど、なんだか笑顔

d0086888_23154313.jpg

荷物をチェックして、チケットを買ってフェリーに乗り込む。
d0086888_23163480.jpg

船で移動。
これだけで、ドキドキしちゃうよ。

船旅は、1時間40分
寝不足の為、船の中で仮眠をとる。

目が覚めて外に目をやると、そこには島?山?がドドーンと
d0086888_2322827.jpg

利尻の名前の由来は、アイヌ語のリ-・シリ(高い山)
その名の通り、海面に山が浮かんでる感じ。

d0086888_23275473.jpg

いよいよ島に上陸。
思ってたよりも寒くなくて、北にある島というよりもなんだか南の島っぽい

車は、稚内のフェリー乗り場に置いてきたので足が無い
そこで、今回の旅の相棒を借りるのです。

d0086888_2330165.jpg

yoshiのデカバックをどうするかしばし悩むも結局はこんな感じで
今夜のベースキャンプを目指す(笑)
d0086888_23322245.jpg


思ってたよりも距離があったからスクーターでの移動が快適。
車を借りるよりもお得なんで、おすすめ。

d0086888_2334092.jpg

初日の宿泊地は、利尻山の三合目にある北麓野営キャンプ場。
ここからだと、翌朝にサクッと利尻山にアタックできるからね。

ベースキャンプを設営した後は、スクーターで島一周。
飛ばせば3時間くらいで一周出来るらしいけど、僕達はゆっくりと島を満喫

d0086888_2336579.jpg

天気も安定してて最高のツーリング日和(スクーター)

d0086888_23392513.jpg

なぜか「特攻の拓」っぽいヘルメットのyoshi  海はいいよね 

d0086888_2340181.jpg

最北端の島から眺める景色を堪能 

d0086888_234362.jpg

今回、僕が借りたのがHONDAのspacy100
結構パワーがあって二人乗りでも快適。
久々のバイクだったけど、やっぱり風を直接感じられるダイレクト感が
スクーターと言えども気持ちよし。

車では、この感覚は味わえないからね

d0086888_2347495.jpg

利尻といえば昆布。
なので、昆布蕎麦!

そして、デザートは、昆布アイスにうにアイス!!!!
d0086888_23484016.jpg

斬新だったけど、お味はなかなかの¥480!
ちょい高めだけど、高級な昆布とウニが入ってるからね~

そして、島内をぐるっと
d0086888_23495927.jpg


d0086888_23533673.jpg

生憎、利尻山のピークは雲に隠れてて、見えないけど湖面に映る景色が美しい
明日あの山に登るのか!と思うとついついシャッターを押す回数が増える

17時にスクーターを返さなきゃならないんだけど、ゆっくりしてたらいい時間。
最後は、スクーター三台で爆走。

スクーターを返した後は、重い足取りで鴛泊の町をぶらり
天気が良いんで、海に面した小山に登って夕焼け鑑賞会
d0086888_23594813.jpg

缶ビールをプシュッと開けて、礼文島越しに沈んでいく太陽を眺める

d0086888_2359449.jpg

いつどこで見ても夕焼けは綺麗だけど、ここの夕焼けも最高でした。

夕焼けを堪能した後は、晩御飯。
酒屋さんで聞いたお勧めの中華屋さんを目指すも。
店の名前だけで何のおしながきも無い・・・
d0086888_044127.jpg


どうも、利尻にはそういった店が多くて、外に看板を出してる店が少ない。
ここ笑う門は、こう見えて中華屋さん。
グリップの良い床が、中華屋っぽさを引き立たせてた(笑)

お腹がいっぱいになった後は、温泉
d0086888_063821.jpg

街中からも近くて便利。

さっぱりした後は、テントに戻ってプシュッとしたいと思って
ビールをザックに忍ばせるもここからキャンプ場まで、2km・・・

でも、空を見上げるとそこには美しすぎる満天の星空
こんな星空を見たのは初めてだった。

何とか、ヘロヘロになって寝袋に滑り込んで1日目終了。



続く
[PR]

by wmfw | 2011-08-28 23:17 | 外あそび
2011年 08月 21日

BBQからのMTB

仕事をちゃっちゃと終わらせて夜からキャンプ。
d0086888_231721.jpg

遅くなっちゃったんだけど、皆が準備進めてくれたおかげで速攻BEERと燻製&焼肉に
ありつけました。サンキューです。
d0086888_23181533.jpg

豪雨の中、Tボーンのタープで最高に快適だったんだけど自分のテントはベンチレーション
開けっ放しで水没。
車で寝ました。。。

朝は快晴
d0086888_23194456.jpg

仕事のYKRを家まで送って、キャンプ道具を整理してちょっと寝る。

それから、KDM氏とお山へGO!
念願のU山を目指す。

途中またもやゲリラ豪雨に悩まされるも、お目当てのお山は快晴でした。
汗をかきつつ本日のピークに到着して、横目で海を見ながらのライディング。
d0086888_23243192.jpg

すんばらしい!!

トレイルもエキサイティングで面白かった~
d0086888_2325685.jpg

アドレナリン出まくりでした。

また行きたいね。

遊んでくれた皆様、ありがとうございました!
[PR]

by wmfw | 2011-08-21 23:28 | MTB
2011年 08月 08日

激暑ライド

昨日は、KDM氏とMTB。
海に向かう方々を横目で見ながら、「今日はやっぱり海かね~」と言いながら
山に行くのです!
d0086888_2271936.jpg

思って以上に日陰は涼しいんだけど、でも汗がダラッダラ・・・

グネグネした道を登ったり下ったりしながら、ようや長い下り!
d0086888_22104865.jpg

ダブルトラックなんだけど、後半はサバイバル感の漂う路で、草と木を掻き分けながらの
ダウンヒル。気が抜けない感じで面白かった~

そして、ダムに到着。
d0086888_22122444.jpg

水があるだけでなんか涼しいのです。

その後は、ポタポタと町を抜け坂を登ってトンネルを通って終了。
時間にして、3時間半ちょっと
お疲れ様でした!

その後は、ライブを見に行くKDM氏と別れて、堺町通りでやってる
浴衣提灯祭りへGO!

まずはBEER
d0086888_2215235.jpg


フラフラと観光客気分で散策して、いい気分でNEWPORTへ
d0086888_221619.jpg

d0086888_22162910.jpg

ここのネギタラコスパ
絶品です!

とそんな夏の日曜日。
夏休み気分で満喫です~
[PR]

by WMFW | 2011-08-08 22:18 | MTB
2011年 08月 06日

海キャンプ

何だかんだ準備に手間取ってしまい、基地が完成したときには
すでに日が沈んでた・・・

でもタイミングよく、皆集合。
焼き肉とかシュリンプピラフとかTボーン特製のチーズ燻製で盛り上がる。
d0086888_016406.jpg

ビールをいっぱい飲んだせいか、日頃の疲れでついついウトウト。
あんまし起きてられませんでした~
皆さんすんません。
しかも、写真も殆ど写せなかった・・・

仕事組は、朝早くに出発したみたいだけど、そんなのも知らないで
ぐっすり。

次の日も海辺でダラットして温泉入ったらもうこんな時間。
d0086888_019272.jpg

忍路の夕焼けが、めっちゃ綺麗でした~

夏満喫です。
[PR]

by WMFW | 2011-08-06 23:43 | 外あそび