Love&Free World

wmfw.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 25日

バースデー

相方が誕生日だったんで、大雪山の後は皆と別れた後に贅沢に層雲峡ステイ。
d0086888_23443389.jpg

晩御飯は、バイキング。
ジンギスカンとかカニとかお腹いっぱい頂くのです。

ご飯の後は、ホテル主催のビンゴ大会に参加
なかなか当たらないねえ なんて言ってたら

もう残り最後というところで相方と中国人ツアーのお客さん三人でビンゴ!

残る景品は二つ
くじで見事二人で景品ゲット

相方は、体験手作りアクセサリーをゲット
d0086888_23481423.jpg

もとはしっかり取りました!

次の日は、前から行きたかった旭川のLESSへ。
ナイスなセレクトに心が躍ります
スタッフの方も親切でよいお店でした。

その後は、東川のSALT
ここで運命の出会いを果たすのです~

ビッグな買い物をした後は、気持ちを落ち着かせるためにランチタイム。
東川にあるギャラリーカフェzenで美味しいカレー
d0086888_013672.jpg

人気店らしくてすごく賑わってました。
雰囲気も良くてよいお店!

東川を楽しんだ後は、美瑛へGO
目的はここ
d0086888_025274.jpg

漆細工のお店「AYAKAJI」
なかなか辿り着けなくてお店に電話してナビってもらって閉店間際ギリギリに到着。

これが欲しかったのです。
d0086888_05721.jpg

漆塗りのひよこ その名も「ウルピヨ」癒されます

ウルピヨに癒された後は、早足で富良野へGO!
もう日が暮れてて晩御飯の時間。

富良野の繁華街にある「みよしの」へ
d0086888_0104130.jpg

ここは鴨鍋がイチオシ

鴨鍋食べて、うどん入れて最後は雑炊で〆てお腹一杯。
本当はビールでも飲みたいけど車なんで我慢我慢

店主も気さくな方で、話してみると何と小樽出身の方でした!
ほっとする味で、美味しかった
富良野で晩御飯に悩んだらここオススメですね

と山行の後はグルメツアーを満喫。
旭川方面も魅力たっぷり。

北海道はホント良いとこだね!
[PR]

by wmfw | 2011-09-25 10:10 | つれづれ日記
2011年 09月 24日

どちらかというと一目惚れするほうです

数ヶ月前に見たときに思わず一目惚れ
見た瞬間にびびっと来た

でもそんな気持ちを押し殺して数ヶ月が経っていたけど
あまりの美しさに忘れる事が出来なかった・・・

再び目の前に現われた瞬間、心臓がバクバクして
そこから動けなくなった。

こんな気持ちはいつ以来だろう
心を鷲づかみにされて、もうこの気持ちを抑えることが出来なかった。

More
[PR]

by wmfw | 2011-09-24 10:10 | 道具
2011年 09月 23日

爆風と紅葉

7時には、既に爆睡だったんで夜中に目が覚める。
小屋の外は、強風のようで小屋に叩きつける風の音と雨の音がものすごい。

しばらく眠れずに音を聞いてると、下界だったらもう止んでも良いだろうと思うのに
風と雨がひたすら小屋を叩きつける。

今日は下山できるのだろうかと不安な気持ちになりまたウトウトするが、また
雨と風の音で目が覚める。

4時に一応朝陽を見に行く為に目覚しをかけていたがその必要も無く
またウトウト

これを数時間繰り返し、ようやく朝。
あんなにも雨が降ったのに小屋は雨漏り一つしていなかった。

相変わらず風が強くて、小屋の中でもそれが分かるほどの爆風が
吹き荒れている。

でも、もう限界

外にあるトイレに向かう。

風は強いけど、雨は止んでいる

トイレの中は、隙間風びゅうびゅうで、下からの風がお尻を吹き付ける・・・
何とか用を足すことが出来てホッと一安心。

小屋に戻ると皆も起きていて、朝ごはんを食べてさっさと撤収作業。
d0086888_23184756.jpg


いつ小屋を出発するかを決めなければならい。
ワンセグでテレビの天気予報をチェック。
どうやら一日、回復しないようだ。

意を決して、小屋を出発。
相変わらずの天気だけど、幸い雨が降っていない。

気合を入れて出発。
小屋から白雲分岐までの登りがきつくて、一気に暑くなる。
でも、そこからは強風が吹き荒れているだろうと思い
レインウエアの中のフリースを脱ぐのは我慢した。

白雲分岐まで歩くと爆風が待っていた。
風速何メートルくらいなのだろう

体を斜めにしながら、歩いたり止まったり、油断すると風で体が1回転するほど・・・
これで雨が降ってたらと思うと怖くなる

でもとにかく前に進むしかない。
止まって風をやり過ごしたり、風を受けないように斜めになりながら歩いたり
してるとあっという間に赤岳に到着。

赤岳の下は何とか風を交わしている。
無事、四人とも強風との戦いを制して、思わず皆でハイタッチ!
良かった良かった

後は、下るのみ。
高度を下げていくと美しい紅葉が待っていた。

ザックの奥底にしまっていたカメラを取り出して、パシャリ
d0086888_23324016.jpg

昨日よりも色が濃くなった紅葉が待っていた

d0086888_23332099.jpg

カメラマンデビューのGJ
なかなか様になってます

d0086888_23342575.jpg

今日は一日雨とガスで何も見えない中トボトボと下山する予定だったんで
この景色は嬉しかった。

何度も足を止めてカメラを構える。
大変な思いをした後だったからよけいに景色が美しい。
これが山なのね
d0086888_23345514.jpg

まだまだ十分ではないのだろうけど、満足のいく紅葉でした

d0086888_2338699.jpg

YKRもまだまだ元気!

この後は、バスでレイクサイドまで戻って車に乗り込み黒岳の湯に入って
今回の山行は無事終了です。

生憎の天気だったけど、前の日は思いもよらない晴天にも恵まれたし
美しい紅葉も見られたし、素晴らしい秋の大雪山でした!!

リッチさん、YUKIさん GJ YKR ご一緒できて良かったです。
また、ヨロシクお願いしますね~

お疲れ様でした
[PR]

by wmfw | 2011-09-23 23:44 |
2011年 09月 19日

女心と秋の空 

赤岳を後にして、白雲岳を目指す。
思いがけず、天気がもってくれてホント良かった。

d0086888_2335317.jpg

視界もあるし目の前には素晴らしい景色が広がってる。

分岐に荷物をデポして身軽な状態で白雲ピークを目指す。
途中で、ナキウサギの鳴き声があちらこちらから聞こえてきて

ちょっとだけだったけど初めて姿を見ることが出来た。
写真に移すことが出来なかったのが残念・・・

怪しい雲が近くにいるものの視界は良好で、ここでも雄大な景色を楽しんだ
d0086888_2339083.jpg

GJも本当に幸せそうだ

なぜか突如始まったモジモジ対決(笑)
d0086888_23402415.jpg

イニシャルポーズ Y

d0086888_23405039.jpg

イニシャルポーズ S

d0086888_23442469.jpg

イニシャルポーズ A

個人的にはSが最高だね!

風も強くなってきたんで下山開始
d0086888_23465893.jpg


分岐手前で目の前を茶色いものが通り過ぎて何かと思ったらウサギでした!
d0086888_23485730.jpg

なんだかのんびりしたウサギで、人間のことはあんまり気にしてないみたい。

分岐に戻ると突然の雨!
カッパを着てザックカバーを付けて白雲小屋を目指す。
前回の利尻で突然の雨でやられたのを教訓に今回は、ささっとレインバージョンに
切り替えることが出来た。何事も経験だね

雨足も強くなり、普段だったら見える小屋が近くに着くまで全く見えない状態。
焦らないように滑らないように慎重に歩く。

無事小屋に到着
d0086888_23531573.jpg

こんなときは、より小屋のありがたさを実感する
雨の中でのテント泊は避けたいもんね

天気予報的に悪かったせいかガラガラの小屋を占拠。
各人、思い思いに自分のスペースを作る。

時間は、まだ四時前だったけどビールでカンパイして
晩御飯タイム。

d0086888_0152895.jpg

棒ラーメンこれ美味しいね

幸せなひと時を過ごします。

するとGJが、誕生日が近いYUKIさんとYKRの為に何とチーズケーキを
もって来てくれていた!!!
本当にありがとう

代わってお礼申し上げます

キャンドルの代わりに小屋番のコンチャンが某〇一硝子製のランプをもって来てくれた
d0086888_044517.jpg

ランプの灯りっていいよね
空間がいっきに温かくなる感じが最高でした。

7時には就寝。
山の夜は早いのです

続く
[PR]

by wmfw | 2011-09-19 23:41 |
2011年 09月 18日

秋の大雪山

紅葉を見に行こう!
ということで、大雪山に行ってきた。
天気予報としては、微妙な二日間になりそうで、期待は出来ない。
寝ぼけたままAM2:30に小樽を出発
高速は雨模様・・・

今回のルートは、銀泉台から赤岳⇒白雲小屋⇒黒岳を目指そうという予定だったんだけど
皆で天気のことを話し合った結果。

悪天の中長時間歩くことは避けようということで
赤岳ピストンに決定。

レイクサイドまで車で行ってそこからバスで銀泉台を目指す。
d0086888_2353196.jpg

規制が入ってるから自家用車で銀泉台には行けないのです。

バスに揺られてると突然のアナウンス。
熊がすぐ横にいたらしい
残念ながら見る事が出来なかった

新しくなった小屋で入山届けを出す
d0086888_2384310.jpg


天気も良い感じで、このままもってくれることを祈りながら登る。

d0086888_23593483.jpg

いい感じの色

場所によっては真っ赤っか
d0086888_002324.jpg

嬉しくて思わず顔をつっ込むGJ(笑)

チングルマもいい感じ
d0086888_022869.jpg


ひーひー言いながら登って振り返るとこの景色
d0086888_031422.jpg

天気が良くて最高です。

d0086888_044420.jpg

いい景色
d0086888_062814.jpg

テクテク歩いてようやく赤岳に到着
ホッとする瞬間です

d0086888_074753.jpg

ここからの眺めも美しい

赤だけは山ガールで賑わってましたよ

そして、白雲を目指します
d0086888_0123665.jpg


続く
[PR]

by wmfw | 2011-09-18 23:08 |
2011年 09月 12日

今シーズンの決起集会はここでやりたい

油っこい食べ物は、あんまし好きじゃないけど
ここの天丼は美味しく食べれる。
d0086888_0105248.jpg

宴会プランもなんか良さそう

時が止まったような空間で、瓶ビールをちっちゃいコップで飲むのです。

酢の物とか刺身とか鍋なんか食べて最後の〆は天丼
オヤジくさくて楽しそうだ。
[PR]

by wmfw | 2011-09-12 00:08 | 外ご飯
2011年 09月 11日

一週間

日々バタバタしたときを過ごしてます。
週初めは、山の打ち合わせを小樽に新しくできたお店HACOで 
d0086888_0533276.jpg

女性の店主一人で切り盛りしてる素敵なお店でした。
料理もワインもGOODです!

次の日は、打ち合わせとは関係の無い恵庭岳へ
d0086888_054681.jpg

けっこう登りがキツイお山でした

d0086888_054541.jpg

相変わらずすごいのです(笑)
d0086888_0554036.jpg

ポーズを決めた後は山頂でランチタイム&まったり
結構風が強くて、寒かったけどやっぱり景色も良くて満足

d0086888_057378.jpg

後ろを見ると羊蹄山と尻別岳も見える

d0086888_0573823.jpg

支笏湖もこの通り

久々に雨に当たらない一日でした。

そして、日曜は小樽のダル・コルポでランチ
d0086888_0584163.jpg

このパニー二は、ドリンク付きで¥500!
しかも、生地をその場で伸ばして焼いてくれる手作りの一品
とっても美味!!!
d0086888_0595415.jpg

パスタも美味い。
小樽でお昼を悩んでる方に是非オススメ

と一週間はあっという間。
来週は、大雪山です
[PR]

by wmfw | 2011-09-11 23:51 |
2011年 09月 04日

番外編:真っ白なダート

d0086888_0182472.jpg

宗谷岬に行くことがあったらぜひ訪れたいと思ってたのが、
この白い路。

この白さの秘密は貝殻。
こんな路、なかなか無いよね

青と緑と白が調和する素晴らしい景色でした。
[PR]

by wmfw | 2011-09-04 23:58 | 外あそび
2011年 09月 01日

たまには小樽で

早いもんでもう9月!
あっという間に雪が降ってきちゃうね

旅の後は、仕事が忙しかったんで今日は小樽でゆっくり。
何にもする気がおきないまま昼になっちゃったんで、ランチに出かけることに

小樽商大のすぐ正面にあるSanto Cieroへ
d0086888_2242985.jpg

イタリアの家庭の味が食べられるお店

d0086888_2251370.jpg

店内の雰囲気もいいです

d0086888_2253548.jpg

前菜
d0086888_225476.jpg

パスタとリゾット
ちょっとひねりのある味でとっても美味しくて大満足。

食後の後は、久々にキアロに行ったらミラクルが!!!!!







d0086888_227165.jpg

まさかの同じ服!!
こんな事ってすごい確率だよね
大爆笑でした
[PR]

by wmfw | 2011-09-01 22:08 | 小樽
2011年 09月 01日

またね利尻島

朝テントから出ると、すっきりとした良い天気。
昨日登った利尻山のピークだけが鴛泊スキー場から
にょっきり頭をだして見える

今日登る事が出来たらよかったなあと思いつつも、
昨日のあの天気で登る事が出来たことに改めて感謝
d0086888_21195920.jpg

風も無くて、穏やかな天気で8月後半とは思えないほど夏。
ここが、最北の島だっていうのがウソのような暖かさで、ナイスな朝だった。

今回、無事デビューを果たすことが出来たドマドーム
d0086888_212162.jpg

二泊したけど、まだまだこの空間で過ごしたいと思うほど快適だった。

朝8時40分のフェリーに乗るために早々に後片付けして、港まで歩いていく。
d0086888_21232697.jpg

最終日が晴れだと、気持ちいい。
雨だったら、こんなにのんびり歩けないもの

d0086888_21251655.jpg

あっという間に港が見えてきた。
相変わらず、利尻山のピークが見える。
あ~あのピークに立ったんだなと思うと、なんとも言えない気持ちになる

時間通りにフェリーに乗るもかなり混雑していて船内に場所が無い。
天気も良いしデッキに上がって離れていく利尻をずっと眺めてた。

d0086888_21323265.jpg


d0086888_21324990.jpg

海に山が浮かんでる
d0086888_2132585.jpg


2泊3日の利尻島の旅もこれでおしまい。
利尻島を一周して利尻山のピークに立つことも出来て旅の目的を全て達成。

利尻は北海道だけど、北海道じゃないというのがこの島の感想。

島独特の空気感
時間の流れ方
聞こえてくる音

どこか外国にでも行った気分になった。
まだまだ、奥の深い魅力たっぷりの北海道

時間があれば、もっと旅しないと駄目ですね

本当に最高に楽しい3日間。
みんなでこれてよかった。

本当にありがとね!

さあ今度はどこ行きますか
[PR]

by wmfw | 2011-09-01 21:26 |