「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 28日

礼文島trip day1

ちょっと早めの夏休みをもらって18〜20日で礼文島へ行ってきた。
2011年に利尻島に行ってからは、北海道の島を全て行ってみたいと思っていて
去年は、天売・焼尻島に行ったからまだ行っていない礼文島か奥尻島に行くか最後まで
迷って結局、礼文島をチョイス。

休みは三日間しか無いので、仕事が終わった17日の夜に出発する予定で計画してたんだけど
なんだかんだで遅くなり、小樽を出発したのは22時を過ぎてから・・・

途中でYKRに運転を交代してもらって、稚内に着いたのが午前3時30分。
やっぱり5時間以上かかった・・・
稚内遠すぎだね。

新しくなった稚内の道の駅の駐車場で仮眠をとって6時50分のフェリーに向けて
6時前に起床しフェリー乗り場の駐車場に移動する。

今回も車は稚内に置いていきバックパック一つで行動するのです。
朝ご飯はフェリーターミナルにあるカフェ風のお店でパンとCoffeeを買おうと思って何も
用意しないでいったら、何と今年はお休みで、営業していないとの事・・・
結局フェリーターミナルの売店でオニギリと缶コーヒーを買う。
d0086888_23463859.jpg

フェリー出発5分前に乗り込むと、船内の自由席はご年配のツアーの方々で満員。

仕方なく外のベンチに陣取って礼文島を目指す。
天候は曇りで少し肌寒い
行きの船からは、残念ながら利尻山は見えなかった。

8時55分に礼文島到着。
d0086888_11455114.jpg

d0086888_11461928.jpg

港には結構色々な建物が建っていて最北の島に来た!という印象は薄い。

さていよいよ島旅の始まり。
今日の予定は、まずはキャンプ場に行ってテントを設営しその後に島の観光
足が無くては始まらないので、レンタバイクを借りる事にする。
d0086888_11542088.jpg

車だと軽でもかなり高いけど、バイクだと一日借りて¥6500ほど
50ccと90ccと100ccから選ぶ事が出来る。しかもカブもあった。
二人乗りするので、90ccのスクーターをチョイス。
さすがに二人乗りで二人ともバックパックを背負ってはきついので、一つは
置かせてもらってキャンプ場へ。
キャンプ場までの時間を聞いたら、40分程度かかるかもとのこと・・・
すぐ引き返して荷物をとりにこようと思ったけど、それだけかかるなら時間の無駄に
なってしまうなと思いながらもまずは久種湖にあるキャンプ場を目指す。

久々のバイクに戸惑いながらもなんとかスタート。
気温が低いのと風が強いのとで快適なツーリングとはいかなけど
久しぶりのバイクはやっぱり楽しい。
しかも二人乗りだと話をしながら乗る事が出来るので、それもまた楽しい。

車は少ないけど、ゆっくり走ってるので車の邪魔になる。
バックミラーで後方を確認しながら、車が来たらバイクを端に寄せて先にいってもらう。
途中で雲行きが怪しくなり、ひと雨降りそうだなあと思って、YKRに合羽を持ってきたか
確認したら、レンタバイク屋に置いてきたとのこと・・・

うーん雨が降ったらまずいな
と思いながら先を急ぐ。
曇りの天気だと海岸線を走っていても爽快な気持ちにならず、なんだか暗い島に
来てしまったと少し後悔。
やっぱり快晴の時じゃないと駄目だなと思いながらもアクセルを握る。

段々寒くなって、もう限界というところで高山植物園が右手に見えてきた。
せっかくだし寄ってみる事に
確か今の時期には見る事が出来ないレブンアツモリソウが見られるはずだ
d0086888_12163768.jpg

建物に入ってすぐに本物とご対面
d0086888_1220566.jpg

独特の形状でこれが花だというのが不思議な感じ。
¥300を払って、場内の見学。
あまり花が咲いていないのと、説明が少ないのでどれが何の花なのかが
分からないのが残念。
ここで一番盛り上がったのがこの礼文島のゆるキャラ
その名もアツモン!
d0086888_12294144.jpg

レブンアツモリソウをモチーフとしてるんだけど、どう見ても
GJにそっくり!名前もアツモンだし、ザックもしょっている(笑)

ひと笑いしたところで先を急ぐ。
ここからはキャンプ場のある船泊の町もすぐで、左手に久種湖が見えてきた
キャンプ場もすぐに分かったのでバイクを止めて受付を済ませ、早速テントの設営。
d0086888_124746100.jpg

1日一人¥600也。
これで二日間は寝床に困らない、時間はちょうどお昼
昼ご飯を食べに船泊の町に繰り出す。
予めチェクしておいた双葉食堂発見!
d0086888_12524449.jpg

地元の方々で結構賑わってる。
d0086888_1253881.jpg

d0086888_12532764.jpg

野菜ラーメンと中華丼
両方とも美味しかった。ここは良いお店だ
そしてここのすぐそばにあるパン屋さんでお買い物。
d0086888_1302991.jpg

この表情がたまらない豚パン
中の具は、豚まんと同じらしい
*注意 体はちくわパンを勝手に合体させてみただけですので別売りです

一日目の目的である、礼文島観光スタートです。
まずは、礼文島の最北端。スコトン岬へ












d0086888_1381556.jpg

海に落ちました・・・
d0086888_13111970.jpg

靴の中も海水でじゃぶじゃぶ・・・

キャンプ場に戻って、靴を履き替えて今度は南方面へ
d0086888_13133527.jpg



だんだん晴れてきた!
d0086888_13161371.jpg

遠くに利尻島も見える


d0086888_13175511.jpg

そして桃岩
でかい!

今日のメインイベント?
メノウ浜
メノウ石が拾えるらしい

d0086888_13191923.jpg


d0086888_1321917.jpg

メノウ石探しに夢中のYKR
僕は、海岸で昼寝
ぽかぽかで気持ちよかった

バイクを返す時間ぎりぎりまでメノウ石探し。
でもメノウ石がどんな石なのか分からない・・・
d0086888_13253729.jpg

まあ奇麗な石がそうじゃないのってことで、良さげなものを拾って
港に戻る。

バイクを返して温泉へ
d0086888_13271223.jpg

便利な事に港には立派な温泉、うすゆきの湯があるのです。
お風呂からは、利尻島も見えて最高

売店で、ビールを買ってキャンプ場にバスで戻る。
d0086888_1329734.jpg


運転手さんにキャンプ場に行きたいんだけど、どこで降りれば良いのか聞いてみたら
「キャンプ場ねいいよ」との返事・・・

何やらここの島のバスは、フリー乗降で乗る時は、バス停以外でも手を上げれば乗せてくれるし
降りたければバス停以外でも降りれるというシステム
素晴らしい
d0086888_1337483.jpg

夕焼けに染まる景色を眺めると途中で高校生が乗ってきて
賑やかな車内へ
バスの運転手さんは、その子たちの名前も知ってるらしく
家の近くで、○○降りろ!と声をかけてたのには驚いた

そしてキャンプ場前でおりる事にただバス代が高い!
港からキャンプ場まで一人¥930也・・・

テントの中でビールを飲んで、お湯を沸かしパスタを食べて20時過ぎに就寝。

二日目へ
[PR]

by wmfw | 2013-07-28 13:38 | 外あそび
2013年 07月 13日

夏キャンプ始めました

以前から行ってみたいと思ってた朱鞠内湖で夏キャンプ。
初めての場所は、ワクワクします。
どこにテントを張るか場内をぐるぐる
湖畔に良い場所見つけました!
ささっとテントを張って今夜の宿を設営です。
d0086888_2384259.jpg

このロケーション最高。
ビールを飲みながら暗くなっていく湖を眺めてゆるりとした時間が流れていく。
晩ご飯は、剣淵の道の駅で買った士別産のサフォークジンギスカン。
d0086888_23134070.jpg

バジル風味のジンギスカンなんて初めて食べたけど美味かった。
ビールとワインで夜は更けていくのです。

そして朝目が覚めて外を見ると紫に染まる景色が広がってた
d0086888_23183196.jpg

晴天ではないけどなんだか幻想的な景色
しばらく、美しい景色に見とれて写真を撮ってもう一眠り。

すっかり日が昇ったけど曇り空でちょうど良い気温。
来る途中で買った野菜で朝食スタート
d0086888_23215692.jpg

まずはサラダ。
そして、ダッチオーブンで作った鳥粥
d0086888_2324362.jpg

お腹がいっぱいになったあとは、Coffeeタイム
d0086888_23261411.jpg

こんな時間って贅沢です。

そして湖畔でスラックライン。
このロケーション最高
d0086888_23295159.jpg

d0086888_23322151.jpg

相方もかなり歩けるようになりました。
なんだかんだ2時間以上はやってたかな
手軽だけど夢中になれるのが良いですね〜

もう一泊したいところだけど、時間も遅くなってきたんで撤収し帰ります。
途中の幌加内のルワントの湯で汗を流して幌加内でそばを食す。
d0086888_23355639.jpg

d0086888_23361199.jpg

美味しゅうございました。

次回は、離島でキャンプ?
[PR]

by wmfw | 2013-07-13 23:44 | 外あそび
2013年 07月 04日

SLACK LINE

要は綱渡りってやつです。
思っていたよりも難しいけど面白い!
d0086888_21544383.jpg

僕は、初日歩けなかったのに相方は流石のバランスで初日から歩いてた・・・
家からすぐの場所でかなり楽しめる遊びです。
スノーボードのトレーニングもばっちりでしょう。
[PR]

by wmfw | 2013-07-04 21:55 | 外あそび