人気ブログランキング |

Love&Free World

wmfw.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 10日

いざ雄阿寒岳へ

「熊が出たぞー」と朝4時半に岳女に起こされる〈笑)
登山口に7時の予定なので、移動時間も考えるとリミット
暗い中、テントを撤収して昨夜の残り物の鍋を皆でつつく。

予定通り、登山口に到着するも良く言えば神秘的な阿寒湖が待っていた。
d0086888_22572356.jpg


何となく晴れるだろうと思ってたんで、特に気にすることなく準備を進める。
登山口のトイレは、なかなかハードな雰囲気でこの世の果て感が漂ってた・・・

気を取り直しいざ。
阿寒湖を左に眺めながら、少しずつ高度を上げる
途中には、太郎湖・次郎湖もみえる。

d0086888_2302635.jpg

思ってた通り天気も良くなってきて木々の間からは青空が見え始めた。

d0086888_2311538.jpg

高度を上げるにつれ秋の気配。
d0086888_2321479.jpg

でも、今年の紅葉は何となく赤が弱い。

この山の前評判では、5合目までがやたら長くて、その後は楽という話を
聞いてたんで、とにかく登る。

途中、振り返ると阿寒湖の姿が
d0086888_235347.jpg

まさか山の上から阿寒湖を眺めるときが来るなんて思っても見なかった。
上から見ると湖の形がわかって面白い
何かひょろ長い形だったよ。

ようやく五合目に到着して標識を見ると、ここまで来ると8割クリアの文字が・・・
五合目なのに8割か?と不思議に思いながらも高度を上げる。

が、段々とガスってきた
途中ピークと思う箇所が数箇所あるんだけど、奥のほうに移動する感じで
下っては降りる箇所がある。
d0086888_2312255.jpg

ニセピークをクリアしていよいよ山頂へ。
7時に出発して、到着が10時30分過ぎだったので、まあまあ予定通り。
d0086888_23135989.jpg

やっぱり山頂はガスっていて景色はなんも見えない

なので、風をかわす場所を選んで、ご飯を食べながら天気待ち
d0086888_23191389.jpg

いつも思うけど山頂でのご飯の美味いことといったら
赤いキツネをすすって、珈琲を淹れてしばしの待ったりタイム。
時折、陽がさすものの結局回復しなくて、11時30分に下山開始

降りたら晴れるんだろな
と思いながら、高度を落とす
d0086888_23255557.jpg

途中までは曇っててイマイチなお天気。

でもやっぱり下は晴れてた。
d0086888_2326558.jpg

太郎湖もこの通りビュティフォー

でも、山に目をやると山頂はガスったまま
d0086888_23274711.jpg

写真奥の雲で何も見えないところがピーク。

こう見るとかなり遠い。
山頂での景色は見えなかったけど、楽しかった雄阿寒岳。
山登りは充実感があります。

ここで、休みの関係上、岳女親子とはお別れ。
次の日も登るらしい・・・

阿寒の温泉で汗を流して、帰路へ。
途中帯広で、豚丼食べようとするも、20時で閉まってしまうところが多くて
予定してた場所でも食べられず・・・

帯広市内を彷徨うが、なかなか店が見つかんなくて
1時間以上ウロウロ。

帰りの到着時間を考えると焦るものの、疲れと空腹で
満足な行動が取れない。

結局、郊外は諦めて街中に戻る。
そして結局ありつけたのは、居酒屋の豚丼。

d0086888_23361371.jpg

これが美味かった!
諦めないで探してよかったですよ。ホント

小樽に着いたのは、午前1時30分。

ながーい一日が終了。
久々に思いっきり遊びましたとさ

お疲れ様でした~

by WMFW | 2010-10-10 23:40 |


<< なすがまま      道東へ >>